就学前の子供が生活の中で英語を身に着ける方法

>

遊びに取り込んでみる

このコラムをシェアする

遊びにどんどん取り入れる

好きな事をして遊んでいる時は子どもはワクワクしたり刺激を受けて脳が何倍も活性化している状態になると言われています。

大好きな親と遊ぶ事、それだけでも子どもの脳は刺激を受ける事ができるのです。
英語の手遊びをして一緒に遊んだり、折り紙を折りながら英語では何と言うのかを教えていくのも子どもは楽しんでくれるはずです。

日本語でも共通していますが、色や数字や身近な動物や物の名前、簡単な表現だけでも話せるようになると相手に言いたい事が伝わります。

文法なども学んでいかなければなりませんが、まずはコミュニケーションツールとしての英語を早いうちから遊びながら使ってみることです。
そのことで将来、英語を学ぶ時にも有利になるはずです。

英語を使っていっぱい遊ぶ

家にイラスト付きのカルタやカードがあれば、英語で問題を出して答えを拾ってもらう事も出来ます。
英語の教材を使っても効果的ですが、あえて購入しなくても工夫をすることで英語遊びが簡単にできますね。
英語を習わせるのを迷い中でも、自宅では遊びの中に入れてみる事をおすすめします。

最近は商業施設の託児施設で英語で遊びながら預かってくれる場所も増えてきました。
子どもが小さいと連れて買い物をするのはお互いに大変ですが、たまにはそういった所を利用して英語に触れさせるのも良さそうです。
慣れない環境であっても英語を使って自分の気持ちを伝える事ができたら度胸もつくかもしれません。

英語を身に着けて欲しいと願うなら、楽しみながら学べるような環境を作ってあげましょう。