就学前の子供が生活の中で英語を身に着ける方法

>

英語に触れる時間を作る

このコラムをシェアする

おもちゃを上手に使う

小さな子にとっておもちゃは身近な存在です。
今はアメリカ製のおもちゃも簡単に手に入るので、ボタンを押すとアルファベットや数字を英語が流れるような物を見つけて、おもちゃ箱に入れておくと良いですね。

一緒にボタンを押しながら使い方を伝えるだけでも、遊んでいるうちに数字やアルファベットは覚えられるかと思います。

赤ちゃん用のものから幼児向けまで英語に触れられるようなおもちゃはいっぱいあるので、成長に合わせて交換していくと英語力もステップアップが期待できます。

身近な物に英語を取り入れておくと、子どもの中で英語が身近な物だという感覚がはぐくまれるかもしれません。
おもちゃを上手に使って英語を聞かせる機会を増やしてみましょう。

英語の音楽を音楽をさりげなく流す

家の中や車の中など日常の中で英語の音楽をさりげなく流すのも良い方法です。

馴染みのある童謡の英語バージョンなど子供向けに作られた音楽でももちろん良いですし、大人向けだとしても親が自分が好きな音楽を流すのでもどちらでも構いません。

英語の曲を覚えさせて歌わせるのが目的で聴かせてしまうと嫌がられてしまう場合があるので、最初はさりげなく流しておくのがポイントかもしれません。

好きな音楽だから流している位の雰囲気の方が子どもは聴こうとするかもしれませんし、流しておけば嫌でも耳で聞こえています。
色々流しているうちに好みの曲が見つかって特別に反応するかもしれません。

言葉は聴いて覚える事が大事です。
聞いて覚える力の基礎づくりにも就学前は大切な時期なので、どんどん聞かせて損はありません。