就学前の子供が生活の中で英語を身に着ける方法

就学前の子供が生活の中で英語を身に着ける方法

英語に触れる時間を作る

音楽教育でも言われていますが、小さいうちから耳で聞いておくと知らない間に脳にインプットされるそうです。 理解しているしていないとか、無理に覚えさせようとかせずに音楽でもなんでも英語を聞かせる時間を生活の中に取り入れてみると良いかもしれません。

視覚を使って興味を持たせる

英語のDVD教材なども販売されていますが、テレビでも毎日のように子供向けの英語の番組が放送されています。 馴染みのキャラクターと番組で毎日繰り返すのも子どもに学習させるのに効果があります。 親子共に負担が少なく早速でも取り入れられる方法ですね。

遊びに取り込んでみる

子どもに何かを学ばせたかったら遊びに取り込んでしまうのがベストです。 いかにも勉強な感じで親が意気込みすぎてしまうと子どもによっては無反応だったり、全然楽しくなくて逆効果になってしまいます。 遊びながら興味の程度はどの位か様子を見てみても良いかもしれません。

耳で聞かせて慣れさせる

グローバルな時代ですし、小学校でも英語の授業もあるし、受験でも英語は必須教科なので将来を考えると早いうちから英語を身につけさせておきたいと考える親御さんも多いのではないでしょうか。
今までの人生で英語が話せたら良かったと感じたり、英語の試験で苦戦をした経験があると尚更に力が入るかもしれません。

英語の塾や習い事、教材はそんな親心を見透かしてか割と高額な料金設定になっています。
習わせてしまうのが手っ取り早そうではあるものの、幼児の場合は週に1度の1時間程度の事が多いですがそれだとどこまで身につくか、親の自己満足なのではないかと疑問を感じる部分でもあり悩みどころです。

本人が英語に興味があれば、例え幼児でもグングン身に付きますが、なかなかそうはいかないのは現状です。
英語に限らず、子どもに何かを学ばせたり身に着けてもらいたければ親の介入が大事です。
そうでないと、習わせても身につかないで終わってしまう事もあります。

親が興味があって楽しそうにしている事に子どもが興味や関心を示すので、そこを利用するほうが確実に身につくかもしれません。

自分が英語が全く話せなくても、ママはこの歌が好きだと英語の曲を流せばきっと聞いてくれますし、テレビの英語番組を一緒に見るのも良さそうです。
英語で言葉クイズをしてみたりゲーム感覚で普段の遊びの中で英語を取り入れておくと就学してから始まる英語の授業にも馴染みやすいかもしれません。

幼児期はお金をかけて教育を施すよりも、親のひと手間ひと工夫の方が手ごたえを感じられるかもしれません。
英語への関心の芽を育てたいなら日常の中でさりげなく英語を使ってみると良いですね。